小豆を炊いてつぶあんを作ってみた




どうも、僕です。

GWの暇つぶし企画第2弾として、小豆を買って自分でつぶあんを作ることにチャレンジしました。
※第1弾はコチラ

ネットで肉の塊800gを購入し、低温調理してステーキを焼いた

レシピはコチラを参考にさせていただきました。
Cpicon 美味しいあんこの作り方 (つぶ餡) by ゆきらいん

準備物

  • あずき 250g
  • 砂糖 160g(甘さ控えめ)

あ、写真撮らなと思ったらすでに袋から出してました。
ドラッグストアに売ってたやつなので特別なやつじゃないです。

以上です。混じりっけなし。

作る

まずは小豆を水でさっと洗ってから茹でます。15分くらい茹でました。

茹でました。ワイルドな豆の香り。

15分程茹でたら一度ざるに開けて水で洗った後、再度水から煮ます。
強火で似て沸騰したら弱火。そこからはこまめに灰汁をとりのぞきながらやわらかくなるまで煮ます。

だんだんとおしるこ感が出てきました。絵面が全く変わってませんがちゃんと作業してます。

そして煮ること20分程。何となく小豆が柔らかくなってきたような。
指でつぶすと柔らかかったのでこれでOKとします。

ざるにあけて水をきります。もう既にホロホロになってるやつもあり、捨てるお湯も豆が溶け出した感じで濁ってました。

そして鍋に戻し、砂糖を加えながら煮ます。
ちなみに今回は白いお砂糖がなかったので、きび砂糖100g+ラカント60gです。

一気にいれてダマになったり焦げたら嫌なので3回くらいに分けて混ぜつつ入れます。

甘い香りがしてきて、徐々にあんこ感が出てきました。

なんかペーストっぽさが皆無だったのでおたまで小豆の粒をつぶしながら混ぜて、水分が飛んだので完成。

実食

食べます。
スプーンですくって粒あんを食べるって新鮮。

はいめっちゃ美味しい。
なんか見た目は知ってる粒あんと違いますが、味はバツグンです。砂糖の量を控えめにしたお陰で、小豆の風味がよくわかります。これは今後粒あんは買うものから作るものになることを確信しました。

小豆色のペーストっぽさを演出するには水を入れて煮て伸ばしたりする必要があるみたいですが、全然こっちで良いです。

感想

思ったより10倍は簡単、そして美味しかったです。
ただ粒あんを作った後のことを全然考えてなかったので、粒あんをひたすら食べました。
あんこを使ったスイーツを考えていれば、より良かったです。

楽しかったしまた作ろうーっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください