ZOZOMATを使って靴買ってみました




どうも、僕です。

ZOZOMATZOZOMATを使って靴を買ってみたお話。

ZOZOMATとは

お客様の足を3Dで計測するために開発された計測用マットです。
ZOZOMATでの計測情報をもとに、靴の推奨サイズを参照するなどのサービスをご利用いただくことが可能です。
※計測はZOZOTOWNアプリのダウンロードが必要です。

要は試着ができないネットで靴を買う時に、サイズが合わないリスクを最小限にできるアイテムです。
僕は元々気にせずにネットで買ってサイズが合わないけど無理してはくタイプでしたが、おもしろそうだったので使ってみました。

ZOZOMAT外観

4つ折りで届きます。紙製。

滑りやすいので注意してね。正確に測定するためにも裸足でやるのが良いでしょう。

そして広げるとこんな感じ。UNOを彷彿とさせるカラーリングです。

では早速使ってみます。

使い方

片足ずつ緑色の部分に足をのせて、上からZOZOのアプリ経由でカメラで写して認識させます。

続いて斜め45度で4方向から認識させます。
この際に、赤色、次は青色、とガイダンスしてくれるので指示に従うだけでOK

これだけです。超簡単。

計測結果

本邦初公開。僕の足を赤裸々に公開します。
4方向から認識しただけで3Dになるなんて。てか足ちっさ。充電もないし。

エジプト型らしい。

甲の高い低いは単純なサイズじゃわからないですもんね。
足の左右差とかもわかります。

そして

その結果を元に、足に合う靴をオススメしてくれます。
同じ26㎝でも幅が広かったり甲が高かったり、メーカーによってバラつきがあるので、この靴なら1サイズ小さい25.5㎝でもいいよ、とか教えてくれます。

結構ずらららと靴が出てくるので、眺めてるだけでも楽しいですし、欲しくなります。
これはまんまとZOZOの策略にはまっていることを意味します。

そして熟考の結果、オススメで出てきた靴とは違う靴を買いました。
何のためのZOZOMATやねーんとは思いますが、自分の足の形を知れて楽しかったのでよし。

ちなみにこんなの。

ZOZOはセールも結構やってますし、新規登録すればクーポンももらえるので安く買えます。いいね!

感想

ZOZOタウンへの誘引の方法として素晴らしく、単純に楽しいのでオススメです。
でもあなたと相性の高い靴はコチラって感じで足基準でオススメしてくれるのはいいですが、自分で検索した靴(価格とかメーカーとかで)の相性を教えてくれないので、結果的に相性を無視して買ってしまいました。自分起点で調べた全ての靴に相性を教えてくれたら完璧。

マット自体は無料で申し込めば1週間くらいで届くので、興味があれば是非やってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください