花粉症対策の離れ技「鼻うがい用洗浄ボトル」

どうも、僕です。

お陰様で去年花粉症デビュー致しまして、今年も苦しんでおります。
特に最近のヒノキが直撃しており、ティッシュの使用量が環境破壊を促すレベルです。

そんな僕が思い切って導入したのがコチラ

鼻うがいをするためのアイテムです。

薬で止めたりするのではなく、忌々しい鼻水をスッキリ洗い流せば良いのでは?という発想のもと、Amazonでサクッと注文。

使い方

使い方は至って簡単。生理食塩水を作ってこのボトルに入れ、鼻にずっぽしボタンぽち、です。

このノズルを鼻の穴にあてがいます。

ボトルの底にボタンがついていて、押すと水がノズルから出る仕組み。

ボタンを押すことによる水流はそこまで強いわけではありませんが、お鼻の中はデリケートなので十分だと思います。

注意点

使い方に関しては大して注意すべきことはありませんが、一番ネックになるのは生理食塩水を作ることです。水道水でも鼻水を流すこと自体はできますが、デリケートな鼻腔に塩素やその他諸々が入った水道水を入れることは好ましくなく、何より鼻が痛くなります。プール入った時みたいに。
なので作り方をコチラで確認しましょう。
https://www.38-8931.com/news/index2.html

僕は自己流でしっかり煮立たせたお湯を冷ましてこのボトルに8割程いれ、小さじ半分の塩を入れて作ってます。あくまでも自己流です。

感想

初めてやった時は正直鼻うがい自体のやり方もよくわからず鼻水の代わりに塩水で鼻がつまっただけのように感じましたが、時間がたつにつれてすごくスッキリしてきました。花粉が鼻の粘膜に居座れば炎症を引き起こしますが、それを洗い流した後の塩水は多少残ったとしても喉に流れていくだけですもんね。これすごいです。早くやっとけば良かった。

安いですし物は試しなので皆さんも是非。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください