生きているミュージアム「ニフレル」

どうも、僕です。

初めてニフレルにいってきました。

場所
ニフレル
大阪府吹田市千里万博公園2-1 EXPO CITY内

近所やけど意外と行く機会なかったんですよね。

いろにふれる

まずこのエリアは壁がすっごい。写真じゃよくわからないかもしれませんがすっごい。

ここで展示されている生き物は、非常にカラフル。
自然界でこんな色してていいの?てのと、この世の中のどこかに普通に生きてるって思うとワクワクします。

あでやか

わざにふれる

タコ

カニが自分のプレート背負ってました

よく見たら後ろ足で

ヒラメ的な

ドクターフィッシュいました。僕の手美味しいんでしょうか。

すがたにふれる

チンアナゴ!
本来であれば地中で見えない部分も、代わりに透明のビーズみたいなのが敷き詰められているので丸見え。

このエリアはすごく幻想的でした(小並感)

ダイオウグソクムシ!初めて生で見ました。かっちょいい。

みずべにふれる

スッポン。いよーって感じ。

カメレオン。じっとしててかわいい。

テナガエビ。美味しそう。

ワニ!バリでかいけど瞳はつぶら。

うごきにふれる

ここのエリアは柵とか檻とかがほとんどなくて、普通に動物たちが歩いてます。

もちろんこっちから触ったりはできませんが、ビックリするくらいの距離感。
ワオキツネザルは尻尾がモフモフでいいですね。

ペリカン。翼を広げたらめっちゃ大きくて、羽ばたくと傘の雨水を切る時にバッサバッサやる時の音がしてました。

同じ空間にペンギンもいます。可愛い。

ビーバー。ツヤツヤしてて良いですね。

感想

いやー楽しい。これは大人にこそ行ってもらいたいですね。
生き物の数は多くありませんが、生命の素晴らしさをヒシヒシと感じました。
展示の仕方にもこだわりが感じられて、ニフレルというコンセプトへの想いが見て取れます。

皆さん是非!ガンダムもいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください