タイマーを活用するお話

どうも、僕です。

タイマーを活用してから生活がちょっと良くなったお話。

テレビ

あんまりテレビ見ないんですが、朝いつも起きる6:40頃に自動的にテレビの電源がついておはよう朝日がつくようにオンタイマーを設定してます。普通のアラームより断然起きやすい。単なる電子音よりも、人の声だと人間は勝手に意味を理解しようとするらしく、自然と頭が回転して目が覚めます。時間を声で言ってくれるのもいいですね。

ファンヒーター

朝は寒いです。なのでこれも起きる10分前くらいにスイッチが入るオンタイマーをセットして寝ます。お布団から出やすくする作戦。

目覚まし

普段携帯のアラームを設定しているのですが、最近はスマートウォッチでアラームを設定しています。時間になると携帯みたいに振動するので、「うわ手首震えてる」ってビックリして起きます。

洗濯機

これは日によりますが、寝る前にセットして起きる時間に終わるようにしておけば、朝のタスクを無理やり増やすことによって、起きなければいけないプレッシャーを増やします。眠いことよりも洗った後に干さずに放置するのが大嫌いなので起きます。

寝ぐせ

朝起きた時に寝ぐせが爆発していることにより、強制的にシャワーを浴びるなりせざるを得ません。これもタスクを増やす原理。ただ意図してつけているわけではありません。

早寝

一番の基本にして一番重要。目が覚めた瞬間のスッキリ感が違います。

 

いかがですが、僕のライフハック。後半はタイマー関係ありませんでしたが、皆さんもタイマーを活用していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください